英語勉強の失敗談

最近、海外のYoutuberなどの動画を見ていると、英語が聴けるようになりたい、話せるようになりたいと強く思います。しかし、いろんな勉強法を試しましたが、だいたい挫折しています。ということで、私が失敗した勉強法を残しておきます。ちなみに、私には合わなかっただけで、その勉強法を否定しているわけではありません。

試した英語勉強法

オンライン英会話

ネイティブの方とSykpeなどを使って勉強するスタイルです。スピーキング、リスニング力は付きますが、ある程度英語のベースがある人向きだと思います。なぜなら、講師のティーチングスキルにバラツキがあるように感じました。そのため、今ある英語力を維持する、もしくは、さらにスキルアップしたいという人には、ネイティブと話すことで更に力がつくと思います。

私の失敗:当時は、音声品質が悪く、聞き取りづらい状況が続きました。初心者なので、はっきりゆっくり話してくれないと聞き取れないです。また、先生のスキルのバラツキは大きく、英語を学ぶというか、テキストを淡々と進める感じなったので、やめましたw

通学制(少人数)

先生と生徒3〜5名程度でテキストに沿ってレッスンが進むスタイルです。ワンツーマンに比べてレッスン料金が安いので、気軽に通うことができます。とは言っても、結構高いです。複数名参加するので、基本的にはテキストに沿ったカリキュラムになります。テキストしっかりとしていますし、先生もサポートしてくれるので、英語を学ぶ環境はいいとおもいます。

私の失敗:他受講者に自分の英語力のなさがバレてしまいます。同じくらいのレベルの人でクラス分けされていますが、間違ったら恥ずかしいと感じて、発言が減ってしまいました。複数名でやるので、元々話す時間は少ないです。話さないと意味がないので、やめましたw

通学制(ワンツーマン)

ネイティブの先生とワンツーマンでレッスンするスタイルです。テキストはありますが、自分がやりたいことレッスンしてくれます。もちろん、料金は一番高いです。先生にばらつきは少しありますが、自分の好きな先生を選べばいいので、問題ないと思います。私の通っていたスクールは、予約も比較的取りやすかったです。また、日本人の担当者が付き、定期的に面談をしてくれたり、しばらく通っていないと連絡をしてくれたり、サポートがしっかりしていました。

私の失敗:これは一番続きました。ワンツーマンなので、自分が何か話さないと、先に進まないので、英語を話す度胸が付きました。間違っていても、何とか相手に伝えようとするということが大事だということに気付きました。続けたかったですが、料金が高くなかなか難しいです。また、週一回40分くらいのレッスンを受けるだけでは伸びません。当然ですが、このほかに自学習をやる必要があります。私は自学習が足りなかったので、まずはそこからだと思い、やめましたw

アプリ

単語アプリ、 スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース) のようなアプリを使った勉強スタイルです。通勤時間など手軽にできるので、非常によかったです。アプリの金額も安いですし、気軽に始められるので良いと思います。

私の失敗:単語アプリはよかったですが、それ以外はなかなか継続しなかったです。なぜなら、英語を勉強する目的が定まっていなかったからです。目的に合ったアプリをチョイスすれば、継続できたはずです。ただこれは毎日どこでもできることですし、財布にも優しいのでいいと思います。

結局は・・・

自分の気持ち次第だと思います。仕事で使わないといけない環境であれば、必死で勉強します。(私の場合)何となく話せたらいいよね、、、という感じであれば、どんな勉強法を試してもダメでした。

英語を勉強する目的を持つことが非常に大事です。TOEICで800点取りたいというのも目標です。その上で、勉強の目的や自分のライフスタイルにあった勉強方法を試していく必要があると思います。

今、また英語熱が上がってきたので、自分の好きな海外Youtuberを見て、楽しみながら勉強してみよう思います。TOEIC、ビジネス英会話というより、日常会話を勉強したいので、Youtubeを見たり、気軽にできるアプリもやってみようかなと考えています。毎日少しでも継続することが大事ですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました