wordpressでブログを開設しました

WordPressは名前を聞いた事があるレベルの私がサイトを開設するまでのざっくりした流れです。半日くらいでレンタルサーバーの契約からwordpressでブログを開設して記事を公開するところまで行き着きました。ブログ開設までのなんとなく流れを把握したい人向けです。

レンタルサーバーに申し込む

ConoHa、エックスサーバー、お名前.com、ロリポップ・・・名前が上げ切れないほどのレンタルサーバーがありました。金額、性能、安定性など色々比較すると違いがあるらしいのですが、素人にはよく分かりません。個人でやるブログ程度であれば、何でもいい気がします。ただ、有名どころを使っておければ、設定方法などを詳しく記載してくれているブロガーがいるので、それを見ながら設定ができるのGoodだと思います。

私は、GMOのConoHa WINGと言うものにしました。なぜそれにしたかと言うと、有名どころであると言う点以外の理由は2つです。

  • 初期費用がない!
  • UIがいい!

どれだけブログが続くか分からないのに、初期費用は払いたくないなと思いました。UIに関しては、ConoHaが2018年9月に登場したばかりで後発という事もあり、UIには力を入れているとのことでした。確かに今風のUIで私は好きでした。

お名前.comでドメインを取得する

これは、自分の好きなアドレスを取得するために必要です。私のHPですと、https://kortermckinnon.com/ →「kortermckinnon.com」この部分です。ホームページの住所みたいなもので、重要だと思います。年間800円くらいで利用ができるので、これは安いのかな。

ちなみに、ドメインレジストラというのは他にもGoogleやスタードメインというところがあるようです。お名前.comにした理由は、設定方法を掲載したページがたくさんあったし、Googleと比較して安かったからです。

後で、気付いたんですが、実はConoHa WINGでドメインも取れたんじゃないかと・・・ただやり方がちょっと分からなかったです。

ドメインをレンタルサーバーに紐付けをする

初心者だと、この辺から段々とよく分からなくなってくるポイントです。なぜその作業が必要なのかが分からないからだと思います。それを気にしていると日が暮れそうだったので、マニュアル通りにやって、とりあえずできたらいいやと思い、何も考えずに先に進むことにしました。

  1. ConoHa WINGのサーバー管理で、お名前.comで取得したドメインを追加する
  2. お名前.comの管理ページで、ConoHaのネームサーバーを登録

細かいやり方は、ここには書きませんので、ググってください。

レンタルサーバーでwordpressをインストールする

ConoHa WINGのサーバー管理に戻ります。[サイト設定]⇒[アプリケーションインストール]⇒[+アプリケーション]と進みますと、サーバー上にwordpressをインストールできます。wordpressにログインするためのID,PWを設定しますので、お忘れなく。

その後に、独自SSL(無料)の設定をしておく必要があります。独自SSLとは、データのやりとりを暗号化し、第三者に覗かれないようにする仕組みのことらしいです。無料ですし、やっておいた方がいいかと思います。http://からhttps://に変わるだけです。

ここで、独自SSLの利用設定をONにしたんですが、設定に結構時間(数分)かかりました。その後に、「SSL有効化」するのを忘れずに。

wordpressにログインする

ここまでようやくwordpressにログインするための下準備ができました。https://ドメイン名/wp-admin/でwordpressのダッシュボードにログインが表示されます。サーバーにインストールした際に設定したユーザIDとPWでログインしてください。

かなり大雑把に流れを書きました。細かい設定などはいろんなサイトで紹介があったので、それを参考にしながら進めました。難しくはないですが、初心者にとっては割と大変でした。ここから先のwordpressにテーマを設定して、ブログ記事を一つ書くところまで1日でやりましたが、その部分は別途記事にしたいと思います。wordpressを少しずついじっていますが、初心者とってはなかなかそうだなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました